News

HOME
FAQ よくあるご質問

Recommend

  • DRT ドクタートルク
 

FAQ よくあるご質問 左側のメニューよりお選びください

 

全般的な質問

製品の購入はどうすればいいですか?
当社では、ユーザー様への直接販売は行っておりません。
お客様とのお取引ありますの弊社製品取扱の機械工具商社様へご用命下さい。
また、全国の機械工具商社を紹介しております「全日本機械工具商連合会」よりお近くの商社様へお問合せ下さい。
近所なので引き取りにいけますか?
本社営業本部、ならびに名古屋営業所、大阪営業所に製品在庫はございません。
 「全日本機械工具商連合会」表示の機械工具商社様などを通じて製品をお渡し致します。
価格が知りたい
メーカー希望小売価格として製品カタログに記載しておりますので、製品情報の各トップページよりご確認下さい。
記載の無い製品についてはお手数ですが弊社問合せフォーム、または電話にてお問い合わせ下さい。
海外で購入できますか?
アジア、ヨーロッパを中心に各国に代理店がございます。
詳しくは本社 営業本部海外課へお問い合わせ下さい。

メール oversea@bestool-kanon.co.jp
製品はどこから出荷していますか?
当社の在庫(商品配送センター)は山梨県都留市にあり、ここから配送しております。
運送便は佐川急便・ヤマト運輸の2社にて発送しております。
デモ機はありますか?
原則デモ機の貸し出しは行っておりません。
製品の講習会は行っていますか?
定期的な講習会は行っておりませんが、ご希望に沿えるものであれば行っております。
内容・規模・場所などご相談に応じます。下記へFAX番号へお問い合わせください。
非該当証明書の発行は可能ですか?
可能です。ご購入いただいた商社様を通じてご依頼下さい。
校正書類はもらえますか?トレサビリティー体系図は?
ご要望により発行致します。製品名、製造番号のご連絡をお願い致します。
トルク機器は新規購入時のみサービスです。トレサビリティー体系図も同様です。
※ノギス類・テンションゲージは有償となります ご注意ください!
修理・校正依頼にてお預かりした場合は、上記は全て有償発行とさせていただいておりますので予めご了承ください。
校正のサイクルは決まっていますか?
製品の構造、またお客様の使用環境が異なりますので、設定はしておりません。
初回発行の校正書類は発行から1年を有効期限としていますので、1年を目安にされているお客様が多いようです。
校正の納期は?製品の予備が無いため出張校正はできますか?また代替品は?
製品到着後ノギス類は2週間、トルク機器類は3週間を目安に納期を頂いております。
修理発生の場合、別途費用がかかり提出納期よりお時間をいただく場合がございます。
出張校正も承りますが、ご希望のスケジュールに添えかねる場合がございます。
製品校正費用と併せて作業者派遣費用が別途発生したしますのでご理解いただきまして、ご相談下さい。

尚、修理期間中の代替品のお貸出はしておりません。
購入先が分からないのですが、校正や修理は可能ですか?またどうしたらいいですか?
ご購入と同様に校正・修理につきましても代理店様を通じてのお取引となりますので、
貴社お取引の機械工具商社様、または「全日本機械工具商連合会」にて商社様、販売店様へご相談、ご用命下さい。
FAXが送信できません。
電話とFAXの番号は異なりますので、番号をお確かめのうえ、送信下さい。


番号のお間違いないよう、お願いします。

 

トルクレンチ・トルク機器類

単位はN・mだけですか?以前のKgf・cm単位の製品は?
「計量法」により日本国内への製造販売は「N・m」「cN・m」「mN・m」単位のみとなっております。
1cN・m(センチニュートンメーター)は1N・mの1/100になりますので100cN・m=1N・mとなります。
旧単位"kgf・cm"からN・mの換算についてはトルク換算表をご覧下さい。
インパクトレンチやエアートルクはありますか?
申し訳ございませんが、弊社では製造取扱はおこなっておりません。
空転式のトルクレンチはありますか?
製品ならび作業者様の安全配慮の関係上、レンチ形状での空転式は製造致しません。
空転式はトルクドライバー形に限りますが、製造しております。(LTDKMTDKSTDK)
カタログにないサイズ(ボルト二面幅や外形寸法)のトルク管理を行いたい場合はどうしたらよいですか?

規格外によるスパナヘッドや製品干渉を回避する外形形状など、お客様のご希望に
沿った特別製作も承ります。弊社カタログの型式を参照したお客様希望寸法などの情報をいただき、
お取引のある商社様へお問い合わせ下さい。

※標準品追加工から設計、製作までお気軽にご相談下さい。

制作例:RCKメガネヘッド標準品から追加工(外径・厚みを削る

設定トルクを変えたい
修理校正のご依頼時に機械工具商社様へお申し付けください。
お客様自身でトルク変更や、校正を行う際は専用の工具とトルク値を確認する検査器(トルクアナライザー)をご使用下さい。
使用中の製品型式がわからない①
トルクの単位がkgf・cmの場合
SI単位切替前(1999年)以前の型式かと思われますがトルク機器には本体鋼管部または目盛板に製品型式が表示されておりますので、ご確認下さい。
使用中の製品型式がわからない②
現在のカタログに表示されていないなど型式表示が確認できない場合
カタログに掲載していない製品群の場合は新規製造中止となった、またはモデルチェンジによる型式変更などが考えられますので弊社へお問い合わせ下さい。
またお客様製品に合わせた特別製作品(特殊トルクレンチと総称する)機構も考えられますので
お手数ですが弊社お問い合わせフォームへご連絡下さい。後日担当者よりご連絡致します。
その際、ご購入時期などの情報を添えていただければ幸いです。
ネジ径だけで推奨トルク値って定まっているのですか?
「ネジ径に対して定めた締め付けトルク値」というのは厳密には決まっておりません。
ネジの材質,や強度区分、実際の摩擦抵抗が加味されるので机上の数値が正しいとは言い切れません。
トルクレンチのサイズ選定の資料として弊社カタログに掲載しております「ボルトの参考締め付け値」を参考のうえ、お客様の製品工程のトルク値を設定して下さい。
取扱説明書・カタログ・寸法図等のダウンロードはできますか?
カタログデータはPDFにて製品情報トップページにリンクをしております。
各製品個別のカタログデータ、取扱い説明書他は現在準備中です。

※具体的なご相談、ご質問などにつきましては弊社営業本部へお問合せ下さい。
校正証明書類は発行できますか。
発行依頼をいただきまして、初回購入時発行サービスを行っております。(※但しテンションゲージは除く)。製品同封の「校正証明書請求カード」に必要事項を記入頂きまして、FAXにてご依頼下さい。
弊社では製品出荷時データは3年間保管としておりますので、時期を越えている場合は製品お預かりによる校正再検査(有償対応)と必要となりますのでご了承下さい。
校正サイクルは決まっていますか?
期間は設けておりません。
初回発行の校正書類は発行から1年を有効期限としていますので、1年を目安にされているお客様が多いようです。
ソケットはありますか?
申し訳ありませんが弊社では取扱いしておりません。
ソケットレンチメーカー様へお問い合わせをお願い致します。

 

ノギス

プリンター接続できるデジタルノギスは?またそれはPC出力はできますか?
専用プリンター「TPK-3」に使用可能なものは、型式の末尾がBのタイプが接続できます。
  例~E-TH15B等
詳しくは製品情報TPK-3をご覧下さい。PC出力はCNB-1(接続コード)+インプットツールにて可能です。
左用のノギスはありますか?
別作対応となりますので、お問い合わせ下さい。
デジタルノギスも製作可能ですが、左用のユニットが存在しないためマイナス(-)表示になります。
デジタルノギスの電池はなんですか?
EMA60J・100J→CR2032:1個、その他の機種はSR44:1個を使用してください。
※SR44対応機種にLR44を使用しますと故障の原因になりますので、必ずSR44を使用してください。
JIS(日本工業規格)マーク製品はありますか?
ノギスのM45~100SCM15~100までの製品がJISマーク商品です。
カタログサイズのノギスでは測定できない、被測定物の測定で困っています…
被測定物の図面等の情報をいただきまして、弊社技術営業が伺い致します。お気軽にご相談下さい。
校正証明書類は発行可能ですか?
ノギスなどの測長機器製品は、有償発行となりますのでご了承下さい。

有償対象
 検査成績書 : 製品の検査データ、検査環境等を記した内容になります。
・ 校正証明書 : その製品が校正されたことを証明し、校正機器も表示しております。
・ トレサビリティー体系図 : 製品が国家標準器に関連付けられていることを証明する系図。
校正サイクルは決まっていますか?
校正書類の有効期限を発行から1年としていますので、目安として年1回の点検校正を推奨いたします。
ノギスの標準附属品としているものは何ですか?
取扱説明書をはじめ・製品合格証・検査時使用電池(デジタルノギス製品の場合)としております。
丸穴ピッチノギスシリーズについてはセンターピッチ基準ゲージが附属されております。
故障かな!?と思われるデジタルノギス製品の表示はどのようなものがありますか?
症状により処置方法が異なります

Err** のエラー表示が出ている場合
読み取り不良や目盛部分の汚れ等が考えられますので、本尺(目盛部分)を柔らかい布などで拭き取ってください。
それでも戻らない場合本尺の歪み、傷などによる読み取りエラーと考えられます → 修理対応とさせていただきます。

表示が動かない or 表示が動きすぎる

ユニットに何らかの問題が考えられます。一度電池を入れ直し直してください。
それでも症状が収まらない場合は、不良の可能性があります → 検査・修理対応
使用中の製品型式がわからない①
似ている形状のものはありますか? はい・いいえ

はい 旧型の可能性がありますので、お手数ですがお問い合わせ下さい。
いいえ→次項へ
使用中の製品型式がわからない②
お見積もりにて製作した、別作品の可能性があります。
部品購入等の場合は、一度お問い合わせをお願い致します。
また再度ご購入・製作依頼の場合は、商社様を通じてお見積もり依頼をお願いします。
部品が取れて紛失してしまった・・・部品だけの購入はできますか?
弊社製品カタログの巻末に部品展開図を掲載しておますので、製品型式名の名称と部品名(番号表示)よりご用命下さい。
ご購入から大分時間が経たれている製品については、複数種類がある場合がありますので、お手数ですが型式・部品名をご確認のうえ、お問い合わせ下さい。

カタログデータはこちらからご利用ください
取扱説明書・カタログ・寸法図等はダウンロードできますか?
カタログデータは製品情報トップページにございます。
その他の取扱い説明書等は現在準備中です。お手数ですがメール・お電話にてお問い合わせ下さい。

メール tokyo@bestool-kanon.co.jp